<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

あちらこちらにたくさんかおを出していたふきのとう。
もうすっかり背が高くなりました。

a0146011_236398.jpg


雪の中からちらっとかおを出していたようなこんなころは、かわいかったのになぁと、風に揺れるふきのとうを眺めたりして。

こんな和生菓子がだいすき。
まぁ、どちらかというと見ているだけでいいんですけど(^^ゞ

食材で季節を感じる洋菓子に対して、目で季節を愉しむ和菓子の世界は繊細タッチ。

a0146011_23152282.jpg


折の中で、わいわいと賑やかそうなくだものたちもかわいかったなぁ。。。
ミニチュアものが好きな私のハートにぐぐっときちゃったお菓子たちでありました。
[PR]
もうすぐ桜も見られる頃になりそうなのに、ここのところの寒さには少々参り気味です。
開花予想よりも数日遅れるのではないか。。。そんな感じもします。
GW中に満開を迎えられたらいいな。

函館山を降りて、駐車したところへ向かう坂道を下ると、函館公園がすぐそこでした。
地形的にはそうなるのでしょうが、いつも車で下からのアプローチをしていたので、ちょっと意外な光景でもありました。

その中にある『こどものくに』

a0146011_2195721.jpg


なんともいえないノスタルジックさ。。。
今時の乗り物なんて、ひとつもありません。
観覧車は、現存稼働する観覧車としては現役最古のものらしいですし。

長いす式で囲いがなく、ふたり乗りのベンチが8台の観覧車。
昨年、お台場の観覧車に乗った私としては、ちょっと乗ってみたくなったりして。

この飛行塔も昭和29年からのものだそうで、青号・赤号・黄号の3機だけかも^m^

函館公園がピンク色に染まった頃、このレトロな『こどものくに』の乗り物たちを撮りにまた来れたらいいな。。。
[PR]
by a_puran | 2011-04-24 21:40 | 函館
帰り道、なんだか赤い実が目に飛び込んできました。
斜面に見える見たことのない赤い実。
なんだろ。。。

a0146011_2242550.jpg


撮ってる時も、まだこの正体には気がつきませんでした。
ただし、90mmMacroでのぞいていると、その赤い実は土の中に根をつけていることが判明したのです。

こんな急な斜面にすごいなーと、そのあたりを探索してみてさらに発見。

a0146011_2243122.jpg


えええー。
どんぐりなのぉーーー?
この殻(?)の中は、こんな風に変化してスポっと抜けてしまうのーーー???

秋に枯れ葉の間にとどまって、冬を迎え、そして雪に埋もれて。
雪解けの中ですこーしずつ光を浴びて、コロコロと落ちることなく根をはって。

_______もしかしたら、そうなのかもしれないのかなとひとりぶつぶつとつぶやきながら、シャッターをきっていました。

このどんぐりは、新しい木となることができるのだろうか。
こんなにも目立つ赤いカラーをしてたら、きっと森に住む誰かの目にとまっちゃうね。
美味しそう。。。って、たべられちゃうのかもしれないね。

答えのわからない春を見つけました。
[PR]
by a_puran | 2011-04-21 02:41 | 函館
函館山の宮の森コースとは、ちょうどここの裏手の山道。

a0146011_23125272.jpg


歩いてみて、なるほどと思いました。
元旦にここ函館八幡宮でお参りしましたが、春はまた春で心の声も増えましたから、長いお祈りを。。。

a0146011_23151464.jpg


この野の山には、芽吹いたばかりの小さな春がありました。
ほんのわずかですが。

a0146011_23174375.jpg


使命を果たしたオオウバユリ


a0146011_23265055.jpg


フクジュソウもあちらこちらに


a0146011_2329546.jpg


もう咲いていたカタクリにすこし驚き


a0146011_23204181.jpg


キクザキイチゲ 初めてみる花でした


この季節に山を歩いたのは初めてだったので、小さな花を見つけるたびにうれしくなったのはいうまでもありません。

でも私の本当の目的は。。。
シマリスさんの目撃情報があったので行ってみたのですが、この日は残念ながらまた会えずに終わったのでした。


**春の野を行く music by 村松健**
木漏れ日やそよぐ風に、この曲を遠くに奏でながら歩き、そして撮りました。


[PR]
by a_puran | 2011-04-15 23:50 | 函館
ようやく函館山の山道からほとんどの雪が消え、歩きやすくなったら春があちこちから顔を出したようです。
ほんわか陽気の日曜日。

a0146011_22521457.jpg


おにぎりとお茶を持って、てくてく。。。
今回は函館山の頂上を目指すのではなく、立待岬方面に向かって横に歩くといった感じのゆるいルートを。

a0146011_22574916.jpg


この冬の雪の多さから、倒木も多かったのかもしれないな。

a0146011_22585627.jpg


こんな橋になっているようなところが多かった宮の森コース。

a0146011_2311222.jpg


時々立ち止まりながら、小さな花を見つけてはパチりを繰り返しました。

a0146011_23202489.jpg


森のにおいもここちよくて。

a0146011_2324486.jpg


山道は、優しさがいっぱいのところもあれば、神々しい雰囲気を醸し出すようなところも。
そして、時々空を見上げて深呼吸。。。野鳥の鳴き声を聞きながら。

a0146011_2355166.jpg


ここを抜けたら、おにぎりを食べようと決めました。
[PR]
by a_puran | 2011-04-11 23:12 | 函館
『りん』のここちよい音。
そして、その余韻。


a0146011_2220820.jpg



ゆ〜らゆら揺れてるさまも、優しげです。




a0146011_16494010.jpg





呼んでください。
どこにでも飛んでいきますからね。。。





GXRの追加機能になったばかりの“ソフトフォーカス”で撮ってみました

[PR]