<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

函館山からの夜景。
函館市民の私たちでさえ、こんな光や雲に覆われた幻想的な様子を目にしたことがありません。


a0146011_039480.jpg



今年も函館にて『第3回 世界料理学会』が開催されました。
その打ち上げ会場は、函館山展望台にあるレストラン。
(ひゃくまんどるの)夜景をバックに乾杯〜♪というのを聞いて、お手伝いをした友人にくっついて、私も参加させてもらうのを楽しみにしていました。

確かにその日の夜は霧が深く、山頂からのあの夜景はのぞめないことは100も承知でしたが。
ロープウェイに乗り、山頂に向かう途中も真っ白。。。
かすかな光くらいで、なんにも見えません。

ところが、頂上が近づくと、霧が晴れているのでした。
なんだか不思議。。。
これって雲海っていっていいのかな。。。

行きのロープウェイ内では、観光客のため息まじりの会話。
帰りのロープウェイでは、地元関係者たちの『こんな雰囲気なのも見ることがないからいいねー』
と、まったくの真逆な感想を耳にしたのでした。


a0146011_040533.jpg



降りたロープウェイ乗り場付近は、まだ色濃い霧の中。
坂の上から、五島軒のあかりがほんのり浮かぶ程度に霞む街並みをしばらく見ていました。


a0146011_0402274.jpg



駐車場の坂を少し下ると、カトリック元町教会が横目に見えてきます。
隣接する元町白百合幼稚園の赤い屋根が、いつもは坂の上からくっきり見えているのですが。
この日は目の前に登場するまで、どこに何があるのかさえもびみょーな霧の夜でした。

いつもは。。。
[PR]
by a_puran | 2012-04-28 00:41 | 函館
いつも白鳥さんたちがいる湖の場所にいたのは、他の面々。
今回は特に、鷺が多かったのでしばらくその様子を眺めていました。


a0146011_2228516.jpg



アオサギさんの飛行は、少しゆったりぎみで美しい。。。


a0146011_22355516.jpg



着地も、おお〜びゅーてぃふぉー。


a0146011_22364785.jpg



シロサギさんの白さがまぶしいくらい、美しい。。。
その前に見た白鳥さんたちよりも、ずっと白かったし。


a0146011_22381346.jpg



何かの合図があったのか、一斉に羽ばたいて大空へ飛んでいったその数に驚きました。
ここにいたのは『鵜・鷺・鴨』
いったい何羽いるのか、数えるプロの方だったら計測できるのかなぁ。。。

ほんの数時間滞在だった大沼で、こんなにも楽しいそれぞれの時でした。
[PR]
by a_puran | 2012-04-23 22:54 | 大沼
白鳥の湖。。。
とは、まったく違う光景にびっくり(@_@;)


a0146011_22564343.jpg



いつも大沼周辺で白鳥を見るのは、白鳥セバットと呼ばれる大沼湖と小沼湖がつながるあたり。
そこは水の流れがあるので、冬でも結氷しないこの場所にオオハクチョウなどが多数飛来する、冬の人気スポットなのです。


a0146011_23104273.jpg



白鳥の畑。。。( ̄▽ ̄;


もしかしたら、この時期のいつもの光景なのかもしれませんが、初めて見たので本当に驚きました。
車のウィンドウをあけて撮っていると、けっこう近くに寄ってくるフレンドリーな白鳥さんでした。
走り方がけっこうかわいいのです。


この日から約1週間後。
渡り鳥系の北帰行の時期のようで、オオハクチョウの編隊も観測されているのが新聞に載っていました。
その編隊を、私の家の上空で見たのが夜8時過ぎ頃。
これも初めてのことです。

鳴き声に気づき、空を見上げると1本の線のようにきれいに並び、懸命に羽ばたきながら北を目指して飛ぶ約15羽ほどのオオハクチョウ。
すごい感動のシーンでした。

もしかしたら、この白鳥さんたちだったのかも。。。なんてことを思いながら、遠く見えなくなるまでその姿を追ったのでした。
[PR]
by a_puran | 2012-04-20 23:28 | 大沼
おひさまに誘われて、大沼公園に車を走らせた。


a0146011_11512927.jpg



こんな日は、ざくざくと雪どけが進みます。


知り合いが所属しているというヘリの飛行場で、初めて広大な敷地を飛ぶ様子を見学させてもらいました。


a0146011_11551612.jpg



彼らのヘリはエンジンなので、燃料の白煙がとてもかっこよくて。


a0146011_11573853.jpg



こんなサイズ。
こんな人たち。
北海道の冬の遊びは、とにかく防寒。
4月といっても、森の中はまだまだ雪だらけ。

役目を終えた当時の函館市営バスが、休憩所と暖取りのスペースになっていました。


a0146011_1221557.jpg



ベテランおじさんたちの腕前に惚れ惚れしながら、駒ヶ岳をバックに自由自在に飛ぶヘリは、またなにか違う魅力をみせてくれました。

おじさん。。。と、書きましたが、その様子は永遠の少年でした。
これぞまさしく大人の遊びですね。


季節が変わるごと、この背景をも楽しみながらまた見たいと思います。
[PR]
by a_puran | 2012-04-19 12:26 | 大沼
a0146011_336372.jpg

2012/4/2 06:08:22


『函館に住まうもの、函館に泊まる』
なんて名付けて元町のホテルで見た、初めての光景。
『これが函館?』と疑いたくなるほどの美しい眺めでした。


a0146011_3525980.jpg

2012/4/2 05:50:45


カーテンをひかずに眠った朝。
7階のお部屋のベッドからは、真正面にこの景色が見えていました。


a0146011_3521687.jpg

2012/4/2 05:43:56


これが朝いちばんに撮ったもので、朝日が東側の坂に建つあちこちの窓に
キラキラと反射していて、とてもきれいでした。

そして、雲は流れるように空の色をどんどん変えていきました。


a0146011_404444.jpg

2012/4/2 05:51:23


この時、函館山の山頂がいちばんきれいな空でした。
いつもは、ここから函館の街並みを見下ろしてるところなんだよね。


窓を照らしていた朝日が、海の色をロマンチックな色に染めていったのを見て満足し
ふたたびベッドにもぐりこみ、朝も温泉につかろうかなぁ。。。なんて思いながら
ゆらゆら&うつらうつらしていた時。。。


a0146011_445099.jpg

2012/4/2 06:31:32


えっ?えっ?
あれから30分も経たないうちに、こんなに変わるなんて。
山も見えなくなるほど、真っ白くて大きな雪が窓の方に向かって降ってきたのでした。


函館という観光地に住まうもの。
『はこだてって、なんかいいな。。。』なんて思えた、そんな日でした。


この日は月曜日。
人気の朝食をいただいて、その後、ここから出勤したのでした。

[PR]
by a_puran | 2012-04-14 04:20 | 函館
a0146011_2302245.jpg



1911年(明治44年)に建てられた旧函館郵便局の裏通り。


a0146011_23155863.jpg



にぎやかな正面も素敵だけれど、この裏の感じがとても好き。


a0146011_2135117.jpg



ホテル ラビスタ函館ベイの入り口。
この煉瓦がとても気に入りました。

[PR]
by a_puran | 2012-04-06 23:46 | 函館

a0146011_3403319.jpg


かすかに聞こえる汽笛



a0146011_3403863.jpg


チンチン電車が走る街 ハコダテ

[PR]
by a_puran | 2012-04-03 03:53 | 函館