支笏湖ブルー。
そんな色は聞いたことがないけれど、そんな印象の青だった。
またこの日の空も、抜けるような青。

a0146011_17591199.jpg



今来た道を振り返ると、遠くにぽつんと宿が見えます。
冬期休業中の温泉宿の奥に、丸駒温泉はありました。
途中、この場所しか車を止めるところがない場所で
それぞれをゆっくりと眺めました。


a0146011_1863016.jpg



正面には、風不死岳。
その奥に樽前山。
左手に二つ並ぶのは、モラップ山にキムンモラップ山。
後方は、恵庭岳。

山に囲まれた支笏湖。
この紺碧の青は、そこからできるのかなぁ。。。


a0146011_1013059.jpg



道路と湖の高さが一緒で、そのすぐ横を走ります。
宿へ向かった前日は、風向きと強風で道路に湖がかぶり、ところどころ濡れていましたが
帰りはとても穏やかな支笏湖でした。
除雪もこんなにも完ぺきで、少しスピードを上げてのドライブは最高でした。






[PR]
by a_puran | 2013-01-13 18:30 | 支笏湖

すこし開いておいたカーテンの隙間から朝日がこぼれてきました。
日の出と目覚めの時間は、ほぼ同時。

窓にはびっしりと氷の粒が。
それを手で溶かしながら見た朝の支笏湖。


a0146011_15225818.jpg



私の大好きな桟橋が、光り輝いていました。
波紋がキラキラと輝き、ハッとするほど美しくて。


a0146011_15302177.jpg



朝日のスポットライトに照らされた桟橋。
静かな静かな朝でした。


a0146011_15321020.jpg



今回の気温と雪の状況で、この桟橋までの散策をあきらめましたが
この先端に立ってみたかった。

舟で渡ってきた人たちのこと。
出迎え、そしてお見送りをする人たちのこと。
そんな昔の様子を、ここで思い浮かべてみたかったなぁと。


キンと冷えた朝のnostalgie。。。

[PR]
by a_puran | 2013-01-11 15:40 | 支笏湖

大きな虹をみた。
それも、遠くの虹じゃなく目の前にあるような虹。


a0146011_2363116.jpg



あっちの空とこっちの空が、こんなにも違う中で。
色を弱めたり、強めたりしながら。


a0146011_2414617.jpg



収穫の終わった畑とひまわり畑の向こう側。
そこにひっそりと建つ教会をめざそう。


a0146011_2445375.jpg



ここがちょうど空と空の間っぽい。
このほわ〜んとした空気感が、なんとも田園『今金』らしく感じたりして。

このあたりは『神丘』というところ。


a0146011_248440.jpg



日本初の女医『荻野吟子』が夫の後を追って入植した地が、今金。


a0146011_331952.jpg



インマヌエルの丘といわれるところに、住居を構えた教会があるのです。
ここからも、さっきの虹がうっすらと見えていました。

[PR]
by a_puran | 2012-11-10 03:18 | 道南
北海道もこんなにも緑濃い季節に。


a0146011_21364536.jpg



函館周辺では、2015年予定の北海道新幹線開業に向けて、着々と工事が進められています。
あと3年後。。。
その様子があちこちに目に見えるようになってきました。

それに合わせて、無料の高速道路もルートを伸ばしています。
今日初めて走ったこの道も3月24日に1区間延びて開通したばかり。
開通したころは、めちゃめちゃ雪に覆われていたのをTVで見ていましたが、今日はこんなにも緑が濃くて、気持ちのいいドライブとなりました。


a0146011_21523434.jpg



今日は父の日。
超仲良しの義父のところに向かいました。
雨あがりの木々は輝き、走るほどにこんなにもすっきりとした空が広がって、カメラを持ってきてよかったーと思った瞬間でした。

森の中のちょっと小高いところを走るので、いつもの海沿いを走る国道からの車窓とは違って、とても新鮮でした。


a0146011_21581593.jpg



延長5.4Kmなので、あっという間に到着でしたが^m^
北海道新幹線の到着駅になる木古内(きこない)までの開通は、あと何年後になるかなぁ。。。

帰り道では反対側を眺めていると、新幹線の通るあたりがよくわかりました。

『初めて新幹線で函館に来る人は、この景色に感動するだろうなぁ』なんて思えてきました。


右手に海を挟んで函館山。
今日見えたように、お天気次第で正面に駒ヶ岳も見える日もあるだろうなと。
楽しみもすぐそこまで来ています♪


それにしても、走行中に助手席からとはいえ撮るのは難しいですね。
[PR]
by a_puran | 2012-06-17 22:14 | 函館


a0146011_2183088.jpg



ときおり起こる『地吹雪』
ささささ〜と流れてきて、一瞬目の前が真っ白になる。

ここはどうやら、風の通り道だったのかも。

左のほっぺだけが、冷たかったな。。。
[PR]
2012年が明けました。
今年も真狩へ。


a0146011_2524550.jpg



ことし出会ったのは、いつも通るパン屋さんへ向かう道での足あと。
静かな時間にこの足を残す時、どんな音が聞こえるのかな。。。なんて思ったりして。


a0146011_382253.jpg



ずぼっと深ーい私の足あとも、道路わきに残ってます。

大きな自然の中で、今年はどれだけの光景にであえるでしょうか。
楽しみな1年がはじまりました。
[PR]
ゴルフのラウンド中に撮った、駒ヶ岳。

a0146011_21385448.jpg


2009年の11月末

あまりにもこの情景が美しくて、携帯で撮りました。

この頃にはもう紅葉はすっかり終わり、飾り気のない風景になります。

時折思い出すこの1枚を、このページにも残しておきたくなり、引っぱり出してきました。

[PR]
by a_puran | 2011-12-06 21:51 | 大沼
a0146011_2173080.jpg


まぶしすぎるほどの夕刻。
森のにおいが少しやさしい。


a0146011_2232159.jpg


ワイルドキャロット。
道端のあちらこちらで見かける夏の花。

いつもはもてあまし気味に見ている花も、この日はちょっと別のかおを持っていたように感じたりして。


夏。。。でしたね。
少し前までは。
[PR]
by a_puran | 2011-09-10 02:27 | 道南
2011年。
もう1週間も過ぎちゃいました。

お正月休み、温泉に入りながらのんびりまったりの1日より。

a0146011_22233287.jpg


同じ場所から。

a0146011_22293338.jpg


そしてまた同じ場所からの後方。

a0146011_2230434.jpg


羊蹄山の麓から。
同じ位置から見える景色まるごと。。。
なんにもないけど、なんだかたくさんのものがみえます。

角度を変えて見ると、違うものが見える。
そんな心で今年もいろんなものに向き合っていきたいと思います。
[PR]
a0146011_22295014.jpg


せたな町は、初めて走る町。
日本海側の『追分ソーランライン』をいろんな天候の混じる中、のんびりたちどまりながら。。。
そんな夏の1日を過ごしました。

a0146011_22332165.jpg


夏の間だけ就航するフェリー埠頭がありました。
ちょうどその時、奥尻から到着するフェリーが遠くから近づいてくるのが見えました。

a0146011_22365412.jpg


たくさんの笑顔が降りたきたかと思ったら、それほど間をおかずにまた港をあとにしたフェリー。
いつか奥尻島にも渡ってみたいなぁ。。。との思いが高まります。

a0146011_22391182.jpg


晴れてたら、この展望台にも行ってみたかったけど霧雨が。
この高台のあたりには、牧場なんかもあったりして、ちょっと興味があったんだけど。。。
こんな地形が、ずーーーっと続くのです。

a0146011_22411144.jpg


このあたりには『三本杉岩』と呼ばれる、絶景の岩があるのですが、近すぎてPhotoにはどうもおさまりが悪くて(-_-;)
でも、すぐ目の前にあるその岩は、圧巻でした。

a0146011_22431277.jpg


メインをせたな町においていたものの、帰路のことを考え、まだまだ追分ソーランラインを北上して
島牧村〜寿都までのルートを決めていました。
それ以外は、行き当たりばったりの飛び出しプチ旅(^^ゞ

a0146011_2247611.jpg


その場で見つけたものだけで楽しむものの、あとからもっと調べてから行けば良かった〜との後悔と、また行くもん!という意欲も湧いてくる不思議な気分を味わっていました。

その時のひとつが、ここでした。
[PR]
by a_puran | 2010-08-23 22:50 | 道南