タグ:NIKON D80 ( 37 ) タグの人気記事



支笏湖ブルー。
そんな色は聞いたことがないけれど、そんな印象の青だった。
またこの日の空も、抜けるような青。

a0146011_17591199.jpg



今来た道を振り返ると、遠くにぽつんと宿が見えます。
冬期休業中の温泉宿の奥に、丸駒温泉はありました。
途中、この場所しか車を止めるところがない場所で
それぞれをゆっくりと眺めました。


a0146011_1863016.jpg



正面には、風不死岳。
その奥に樽前山。
左手に二つ並ぶのは、モラップ山にキムンモラップ山。
後方は、恵庭岳。

山に囲まれた支笏湖。
この紺碧の青は、そこからできるのかなぁ。。。


a0146011_1013059.jpg



道路と湖の高さが一緒で、そのすぐ横を走ります。
宿へ向かった前日は、風向きと強風で道路に湖がかぶり、ところどころ濡れていましたが
帰りはとても穏やかな支笏湖でした。
除雪もこんなにも完ぺきで、少しスピードを上げてのドライブは最高でした。






[PR]
by a_puran | 2013-01-13 18:30 | 支笏湖

すこし開いておいたカーテンの隙間から朝日がこぼれてきました。
日の出と目覚めの時間は、ほぼ同時。

窓にはびっしりと氷の粒が。
それを手で溶かしながら見た朝の支笏湖。


a0146011_15225818.jpg



私の大好きな桟橋が、光り輝いていました。
波紋がキラキラと輝き、ハッとするほど美しくて。


a0146011_15302177.jpg



朝日のスポットライトに照らされた桟橋。
静かな静かな朝でした。


a0146011_15321020.jpg



今回の気温と雪の状況で、この桟橋までの散策をあきらめましたが
この先端に立ってみたかった。

舟で渡ってきた人たちのこと。
出迎え、そしてお見送りをする人たちのこと。
そんな昔の様子を、ここで思い浮かべてみたかったなぁと。


キンと冷えた朝のnostalgie。。。

[PR]
by a_puran | 2013-01-11 15:40 | 支笏湖
今年のお正月は、支笏湖の温泉へ。

a0146011_23541942.jpg



創業98年という丸駒温泉には天然露天風呂があるのでした。
昨年末に水位が上昇し、湯船まで湖水がきて一時閉鎖になっていたそうです。
お部屋の窓からその天然露天風呂のあたりが見え、その自然を味わうのが楽しみでした。


a0146011_23543913.jpg



ここにたどり着くまでの道のりは吹雪。。。
それでも宿につく頃にはこんな青空でした。
やっぱり晴れ女なのかも。
空は青空でも、気温はマイナス10℃プラス強風。
外に出てみましたが、指先が凍りそうになりすぐにお部屋に戻りました(^^ゞ
窓から見えるこの桟橋の景色がとても気に入りました。
そして支笏湖の色は、なんてきれいなブルーなんだろうって。


a0146011_22515296.jpg



昭和42年に陸路が完成するまでは、船が唯一の交通手段だったという温泉。
あの桟橋にお客さんを出迎え、いつまでも手を振り見送ったというお話を後からお聞きしました。
私があの風景がなぜか気に入っていたのか、その時気づいたのでした。


a0146011_2344511.jpg



ここでのもうひとつのお楽しみは、囲炉裏でした。
温泉ですっかりあたたまり、浴衣でいただく素朴な料理。
こういうの、大好きです。

ここでハプニングが起きました。
姫鱒と北寄貝のさつま揚げをもう少し焼こうと刺し直し、おしゃべりしながら飲んでいたら、さつま揚げが倒れて灰だらけに( ̄▽ ̄;

『結構毛だらけ 猫灰だらけ』
このハプニングが起きたことで、スマホで語源を調べて更に盛り上っちゃいました。


a0146011_23234520.jpg



お正月の3が日、浴衣コンサートを恒例としているそうで、私が宿泊した日はヴァイオリンとピアノのデュオでした。
1972年の札幌冬季オリンピックで、滑降競技が恵庭岳で行われたのにちなみ
『雪と虹のバラード』がアンコールで演奏されました。


厳しい自然と気候の中の、優しい時間。
今年はこんな風にはじまっていきました。
[PR]
by a_puran | 2013-01-07 00:04 | 支笏湖


a0146011_7475963.jpg



キラキラしたいちねんを、また送れたらいいなぁ。。。




なーんにもしなくてもいい時間を持つために
雪道を走らせて、あたたまってきます。


今夜また、どっさり雪が積もりました。
雪のことも(気になるけど)忘れて過ごす時間。
私にとってのほんとのふゆやすみです。


帰ってきたら、また目の前の事をやろう。




運転中だけは吹雪いてほしくないなぁ。。。



というとこで、いつものんびりですが、ことしもよろしくお願いします(*^_^*)






[PR]
どんぐりっておもしろい。


a0146011_2095266.jpg



また今年も大沼のゴルフ場から、どんぐりを拾ってきて植えてみたりして。
1年前のは裏庭に移植して、幹が木らしくなった。
このギザギザの葉っぱは、ミズナラのどんぐりだっていうことも知った。
北海道は、このミズナラとコナラがほとんど。
本州にはまた別の種類もたくさんで、どんぐりの形も殻斗(ぼうし)も全然ちがうみたい。


『どんぐりのせいくらべ』
意味は違うかもしれないけれど、なんだか不思議な成長過程。。。

2列に並べた片方だけから芽が出たり。
2番めに芽が出たどんぐりが、今ではいちばん背が高くて。

『大きくなろうと、競争するんだよ』って
林業に携わる人が言ってたのだけど、こういうことなの?って思えてきた。



成長レースはというと。。。
[PR]

大きな虹をみた。
それも、遠くの虹じゃなく目の前にあるような虹。


a0146011_2363116.jpg



あっちの空とこっちの空が、こんなにも違う中で。
色を弱めたり、強めたりしながら。


a0146011_2414617.jpg



収穫の終わった畑とひまわり畑の向こう側。
そこにひっそりと建つ教会をめざそう。


a0146011_2445375.jpg



ここがちょうど空と空の間っぽい。
このほわ〜んとした空気感が、なんとも田園『今金』らしく感じたりして。

このあたりは『神丘』というところ。


a0146011_248440.jpg



日本初の女医『荻野吟子』が夫の後を追って入植した地が、今金。


a0146011_331952.jpg



インマヌエルの丘といわれるところに、住居を構えた教会があるのです。
ここからも、さっきの虹がうっすらと見えていました。

[PR]
by a_puran | 2012-11-10 03:18 | 道南
お父さんの『めーめー』という呼びかけに、一斉にやってきた羊さん。


a0146011_1224363.jpg



めい太郎はどこどこ?
あっ。いた〜(*^_^*)♪


お父さんがこうやって呼んでくれなかったら、探せそうになかったなぁ。。。


a0146011_1235464.jpg



北海道の秋景色は終盤です。



(今回は、写真をクリックすると大きなサイズになるようにしてみました)
[PR]
by a_puran | 2012-11-05 11:52 | 道南
a0146011_22132430.jpg




はなされし かごの小鳥のとりどりに 
たのしみおおき 春ののべかな

[PR]
a0146011_384112.jpg



Baby誕生のお知らせが友人から届いた。


a0146011_3193816.jpg



一度だけ、そのお腹に手を添えて話しかけた。
きっとその時は、ちいさなつぼみのようだったよね。


a0146011_3231769.jpg



おめでとう。
そしてありがとう。
いっしょうけんめいの命。


a0146011_33045100.jpg



『はじめまして』
ってごあいさつができる日は、いつになるかな。。。


その時は、私の指をぎゅって握ってね。

[PR]
森町には固有種の桜があるんだそうです。

森小町・紅駒桜・青葉枝垂れ・駒見桜・堀井緋桜。


a0146011_2503165.jpg



とりわけ今回、私が惹かれた桜。


a0146011_324354.jpg



それが堀井緋桜でした。


a0146011_33145.jpg



オニウシ公園を彩る少し濃いめのピンク色。
歩いていて目にとまり、見てみるとやっぱり堀井緋桜なのです。


a0146011_353619.jpg



光に透かすとまたそれもかわいらしく。
たくさんの種類の桜を撮りましたが、断然枚数が多かった堀井緋桜です。


a0146011_362680.jpg



木陰で寝転ぶ人たちがたくさんいました。
もちろん、お花見に訪れる人もたくさんです。
それでもこんな風に木を独り占めできちゃうくらいの公園。

私もこうして桜の木の下で寝転んで
下からの眺めを楽しみながら、ぼんやりしてみたいかも。。。


長閑なこのオニウシ公園がとても気に入りました。
[PR]
by a_puran | 2012-05-19 03:16 | 道南