とうとう桜のお便りをかくことができました。


a0146011_23415174.jpg



5月12日の夕方、満開と発表されたその日の朝。
曇り空の五稜郭公園へ。


a0146011_23454528.jpg



通年、函館は開花発表が出された4日後に満開になるのだそう。
どんぴしゃ。日曜日に満開となりました。
29年ぶりの遅い開花ということで、待ちわびての桜の風景です。


a0146011_23481455.jpg



『ウソ』の被害も聞かれていましたが、ここ五稜郭公園でも。。。
それでも数年前の時よりも、なかなかのボリュームがあるような。
そうかな?カモメさん。


a0146011_23523216.jpg


今更ながら知った、ソメイヨシノの北限。
道央までということで、この五稜郭公園の1600本のソメイヨシノを
毎年見られるというしあわせ。


a0146011_125982.jpg



この日、上空から見られた人はすっごくラッキー。
もしかしたら、サービスフライトをしているかもね。


a0146011_01133.jpg



帰る頃に、ちょっぴりお日さまがさしてきて。
桜がいっそうよろこんでいるようにも見えました。



a0146011_072171.jpg



春は特に風の強い函館で、この日はめずらしくやさしい風の日。
やっとやっと、春がやってきた気がしました。




[PR]
by a_puran | 2013-05-14 00:10 | 函館


函館の桜開花予想は、5月3日だそう。
ほんとうに気温が上がらなくて、雪やヒョウまで降る始末。。。
予定していたゴルフのラウンドも2回流れた。


a0146011_1122057.jpg



ぶっつけでコースに出ようとしていたのだけど、やっと練習場で初打ち。
強風でめげそうになりながらも、おともだちと一緒の練習はとっても楽しい♪
寒い中でのラウンドでは怪我もあったりするので、気をつけなくちゃ。
若くないんだから(*‘ω‘ *)


a0146011_1131228.jpg



そんなんで、翌日は元町へ。
ここは、なんども通り過ぎるだけで店内に入る機会がなかったところ。
函館や近隣在住の作家さんの作品も並ぶ器やさん。
布製品もいろいろあって、わくわくの時間。


a0146011_1135751.jpg



砥部焼発見。
以前から気になってはいたけれど、手にする機会がなくて。
はじめ砥部焼だと気づかずに、気に入ったお皿がそうだと知ってうれしくなった。

自制心がないと、こういう場所ではとんでもないことになってしまう。。。
今日は自分には1つだけと決めて、あとはお土産に椿柄のお箸を購入。


お皿の初盛りは、株なめことしめじの和風パスタ。
器に盛られたときに、うれしさも倍増するものですね。





[PR]
お酒もお料理も器もおいしいお店が、歩いていけるところに。
ちょっとした乾杯の理由を見つけては、おでかけがうれしい。
今回は、このお店の2周年のお祝いも兼ねてでした。


a0146011_22521228.jpg



『カタクリのおひたし』
春の被写体であるあのカタクリが、大きな花がらの器に。
サラダの器も葉生姜と山椒焼きの器も、雰囲気ぴったり。

『ブリのりゅうきゅう』というのもはじめていただいた。
私が今、ちょっとこっているアボカドもゴルゴンゾーラとともにいただいて。


a0146011_23262955.jpg



ある作家さんの器の話になったら、他にも見せてもらった。
作風がいろいろとあって、たのしい。


a0146011_2381239.jpg



蓮がモチーフになっていて、ブルーもいい色合い。
来週の陶芸展がもっと楽しみになったりして。
干し柿のミルフィーユは持ち込み。

前回UPしたドライフルーツを知ったのも、サービスに出してくれて気に入ったものでした。


a0146011_23134741.jpg



スペインワインのラベルがとってもキュート。
いつもは日本酒をいただくのに、やめられなくなってしまいました。


a0146011_23181152.jpg



お茶漬けの器もいいかんじ。
大きさと持ちやすさも兼ね揃っていて、ほしくなってしまいます。


さて。次は、なにに乾杯しに行こうかな。。。



よはなゆた にて。
[PR]

美味しいドライフルーツを教えてもらいました。


a0146011_1134312.jpg



以前、これをいただいたのはお酒の席で。
札幌で購入してくるって聞いていたところ、百貨店での『うまいもの展』に
今回、初出展で名前がありました。


a0146011_11343559.jpg



いろいろ気になるフルーツを試食させてもらって、4種購入しました。
キウイはとってもかわいくって、そして美味しい♪
テーブルに並べているだけで、気分も爽やかに。

a0146011_11343942.jpg



まだまだ購入したいものがいっぱい。
それはまた、次回のお楽しみってことで。







[PR]

元町のお蕎麦やさんへ。


a0146011_2112499.jpg



狭めの坂道にあるっていうのは、じゅうぶんわかっていたけれど。。。
雪道では、思いのほかきびしい。


a0146011_1291359.jpg



『あと2枚です』
寄り道が長くなってしまって、セーフで食べさせてもらえた。ほっ。

お蕎麦の種類は選べなかったけれど、それでも満足な雰囲気。
そしてこの夜景。


a0146011_1293789.jpg



踏みしめた坂の雪はとけぎみ。
少し凍った坂道を滑りながら歩いて登ってみると、顔を出したヨハネ教会。
坂道は楽しい。




2年前の秋に散策した時は、こんなだったんだなぁ。。。
『♪083...はこだて元町 坂道を歩くvol.2』


雪がとけて、安心して車が止められるようになった頃
春の景色とお蕎麦を楽しみに、訪れたいと思います。
[PR]
by a_puran | 2013-03-14 02:05 | 函館
『五稜郭駅』



a0146011_1726817.jpg



函館駅からひと駅の五稜郭駅。
こんなにも素朴な駅です。
五稜郭公園の名前からイメージしていた人が、あまりにも小さな駅で驚いていたことも。


a0146011_17343492.jpg



車社会の函館では、駅までのルートが公共のものでは全然間に合いません。
タクシー利用をするか。
こうして駅で預かってくれるサービスも定着しました。


a0146011_17363912.jpg



ホームにあるものもあれば、こうして駅構内にあったりする立ち食いそば。
といっても、ここでは着席です。
五稜郭駅に来ると、出汁の香りがいつも漂っています。
むかーしむかし。
季節は真冬の青森駅のホームで女子数名で立って食べたあの時以来、お世話になってません。

ちょっとここで温かいお蕎麦を1杯、食べてみたかったりして。
そういえば、函館駅にはあったかなぁ。
カウンターのみの『立ち食い寿司』の握りたては味わえますが。。。
[PR]
by a_puran | 2013-02-08 17:50 | 函館


『つらら』

a0146011_16303663.jpg



目覚めてカーテンを引くと、前日よりも成長している様子。。。
危険なのでこの日、完全撤去しました。




『雪かき』

a0146011_16304555.jpg



雪ハネ、、、ともいうみたいですが、北海道では雪かきといいます。
この日の朝積もっていた雪は、ふわっふわのさらっさら。
粉砂糖のように軽くて、久しぶりに気持ちのいいひとしごとでした。




『薪ストーブ』

a0146011_16305271.jpg



パチパチと音をたてる薪。
独特のやさしい香りを放つ薪。
ぬくもり感がとってもある薪ストーブがあると、うれしくなるのでした。


[PR]
by a_puran | 2013-01-30 17:30 | 函館
a0146011_23403811.jpg



ここから約3Km先が、新函館駅に。
高架橋がちょうど見えなくなる、そのあたり。

そのもう少し先には、ニヤマ高原スキー場が見えました。
ここからの眺め、すごく好き。


a0146011_23453449.jpg



新幹線が走ることを想像できるようで、できない感じがこの景色の中にありました。
すぐ近くには、小さな小学校があり。
ここを通るときには、もうかなり減速しているんだろうな。。。


a0146011_23454039.jpg



慣れてないんです。新幹線に。

2015年の開業を前に、偶然通った建設現場にワクワクした夕暮れでした。


[PR]
by a_puran | 2013-01-20 00:31 | 函館
今年のお正月は、支笏湖の温泉へ。

a0146011_23541942.jpg



創業98年という丸駒温泉には天然露天風呂があるのでした。
昨年末に水位が上昇し、湯船まで湖水がきて一時閉鎖になっていたそうです。
お部屋の窓からその天然露天風呂のあたりが見え、その自然を味わうのが楽しみでした。


a0146011_23543913.jpg



ここにたどり着くまでの道のりは吹雪。。。
それでも宿につく頃にはこんな青空でした。
やっぱり晴れ女なのかも。
空は青空でも、気温はマイナス10℃プラス強風。
外に出てみましたが、指先が凍りそうになりすぐにお部屋に戻りました(^^ゞ
窓から見えるこの桟橋の景色がとても気に入りました。
そして支笏湖の色は、なんてきれいなブルーなんだろうって。


a0146011_22515296.jpg



昭和42年に陸路が完成するまでは、船が唯一の交通手段だったという温泉。
あの桟橋にお客さんを出迎え、いつまでも手を振り見送ったというお話を後からお聞きしました。
私があの風景がなぜか気に入っていたのか、その時気づいたのでした。


a0146011_2344511.jpg



ここでのもうひとつのお楽しみは、囲炉裏でした。
温泉ですっかりあたたまり、浴衣でいただく素朴な料理。
こういうの、大好きです。

ここでハプニングが起きました。
姫鱒と北寄貝のさつま揚げをもう少し焼こうと刺し直し、おしゃべりしながら飲んでいたら、さつま揚げが倒れて灰だらけに( ̄▽ ̄;

『結構毛だらけ 猫灰だらけ』
このハプニングが起きたことで、スマホで語源を調べて更に盛り上っちゃいました。


a0146011_23234520.jpg



お正月の3が日、浴衣コンサートを恒例としているそうで、私が宿泊した日はヴァイオリンとピアノのデュオでした。
1972年の札幌冬季オリンピックで、滑降競技が恵庭岳で行われたのにちなみ
『雪と虹のバラード』がアンコールで演奏されました。


厳しい自然と気候の中の、優しい時間。
今年はこんな風にはじまっていきました。
[PR]
by a_puran | 2013-01-07 00:04 | 支笏湖


a0146011_0232349.jpg




『ねえねえ。。。』









[PR]